FC2ブログ
いのうえは2017年発表の「流動体について」を
聴いたときからの小沢健二さんファンです。
ついに13年振りのオリジナルアルバムが出ました。
11月12日にアルバムを入手して以来、最高一日8回聞き、
今も寝る間を惜しんで聴いています。


そのアルバムの名は 「so kakkoii 宇宙」 !!

このアルバムの特徴を簡潔に説明すると、
緻密に計算されたアレンジと有機的な演奏とが共存する
高密度な2050年代の未来の音楽です。
全然簡単に説明できていませんね。(汗)

情報量が多すぎて、まるで一つの都市で起きている全ての出来事を、
同時に並行して体験しているかのような不思議な
気持ちにさせてくれるアルバムです。

ベースペダルで耐え堪えている後から
プッシュするクラッシュシンバルの清々しさはJAZZですし、
ストリングスによる対旋律のさらに後からスローに迫る
対旋律はクラッシック音楽でも珍しいのでは? 
ディミニッシュによる偽終止でむかえるエンディングも斬新。

ファンクビート、ベースペダル、歪んだギター、ストリングス、管楽器、
ヘンテコなコーラス(一十三十一さん?)、果てはハープ、
ポリリズミックなハンドクラップまで1曲の中で音楽的に、
そして立体的に、とても有機的に響きあってます。
ここまでアレンジで語っている音楽を今まで聞いたことがないです。

何故4ビートにカントリー調のアルペジオを乗せたのか、
ひねりがきいていて、いろいろ考え出すと際限が無く、
意図や仕掛けに触れるたびに背筋がゾクゾクします。
一体いくつの仕掛けがあるのだろうか。
聞くたびに新たな発見をしています。

歌詞についても味わい深く、
例えば「無限の海は広く深く、でもそれほどの怖さはない」
という一節で、無限の海をかつて苦悩した世界や社会だと考えるならば、
この心境の変化は13年のブランク(活動は続けていたようです)を
経て復帰するに相応しい十分素敵な理由だと感じました。
51歳の小沢健二でないとかけない歌詞だと感じます。

また、頻繁に出てくる宇宙や神といったキーワードに
宗教くささを感じないのも面白いです。

アートワークも自分でパソコンを使用し作っているようです。
また、息子さんも可愛くPVもおしゃれでした。

今後しばらく聞き続けることになると思います。
とても良い!!

20191113_082755[1]

20191112_225416[1]

20191112_210444[2]

20191112_210140[2]




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 物件をお探しの方もお気軽にご相談ください♪
☆  株式会社エムスクエアスィンクス
★ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
☆ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
★ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
☆ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト



2019.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://msquarethinks3.blog.fc2.com/tb.php/779-81135bb7