FC2ブログ
こんにちは!
寒さが苦手な中島です。

先日のお休みにの草木染めに挑戦して参りました(^-^)/

茜ってご存知ですか?
IMG_2485.jpg
こちらは、日本茜です!先生からお聞きしましたが、
万葉集でも読まれている薬草で、
  紅(くれない)の 濃染(こぞめ)めの衣(ころも)を 下に着ば
人の見らくに にほひ出でむかも (万葉集二八二八番歌)
 ( 訳/あなたを想って、濃紅の下着を着ていたら、
ほかの人にこの恋心がわかってしまうのかしら(〃▽〃))

昔から、赤ちゃんの肌着や女性下着の染物に使われており、消炎効果や浄血などの
効果がある漢方にもなっているそうです。
「衣服は大薬」という言葉があるように、服は薬であり、
皮膚から直接、茜などの薬効を取り込むことを「服用」と言ったそうです。( ‘o’)

もしかして巣鴨商店街で毛糸の赤いパ●ツが売っていますが、
ここからきてるのかな??

この根っこが真っ赤な色素を持っていて、
乾燥させて煮るそうですが、
今回は、インド茜の根っこを使ったものでした。
IMG_2488.jpg
IMG_2484.jpg
煮汁
IMG_2489.jpg
煮汁にストールなど染める布たちを
入れて、放置・・・

放置時間を変えると、ピンクになったり、真っ赤になったり・・
また媒染液を変えると、
IMG_2487.jpg
上は、銅の媒染液で、下がアルミ媒染だそうです。
別の赤になります。

自然なのに、なんて素敵な赤色でしょうか(o‘∀‘o)*:◦♪

より深い赤色にストールを染めたくて、
こちらの友人の教室に作品のストールだけお泊り(煮汁につけておく)させてもらいました。

まだ完成品を見ていません。。。早く見たいです!p(*^-^*)q

天然色ですからね。しかも数千年の時をへて伝わる染色です。
とても綺麗で、感動的でした。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
寒い冬に真っ赤な赤は暖かそうです!
下記弊社ホームページにて物件のご紹介をしております。
ご連絡お待ちしております♪ 
★ 株式会社エムスクエアスィンクス
☆ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
★ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
☆ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
★ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










スポンサーサイト



2016.11.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://msquarethinks3.blog.fc2.com/tb.php/202-1d8c4948