FC2ブログ
こんにちは、菊地です。

本日は私の趣味の一つの、映画のお話を。




先日お休みの日に「ハドソン川の奇跡」を観てきました。





あらすじ

2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、
奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、
当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記
「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」
をもとに映画化。

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機が
マンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。
機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、
ハドソン川に着水させることに成功。
その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。

サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、
その判断が正しかったのか、
国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

引用 映画.com http://eiga.com/movie/83990/より



正直、観終わるまで主人公がトム・ハンクスだということに気付きませんでした
そのくらい作品全体がシリアスなんです。

むしろ国家運輸安全委員会側に憎しみさえ持ってしまう内容でした。
いいじゃない、みんな命を落とさず助かったんだから!と。
そういうわけにもいかないんでしょうけどね(事故は事故としての保険とか、そういう大人の事情で)

世間ではゴ○ラや、君の○は等が称賛されているようですが、
実話ベースのこちらの映画も、オススメですよ。


-------------------------------------------------------

次は既に上映終了している映画です。




インターステラー

あらすじ

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。
そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。
そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。

地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。
悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

引用 シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/movie/T0016840



こちらは約3時間と長いのですが、もっと見たいなと思えた映画でした。

そして正直に言うと、
相対性理論事象の地平線やらワームホールやら
重力やら量子論やら特異点やら、なんだかわからない言葉が出てきます。

しかし、この映画を観れば
なーんとなーく分かった気がする
くらいにはなれた気がします。
(もちろん説明はできません)

-------------------------------------------------------

もう一つのおすすめが



オデッセイ

少し前に「火星に一人ぼっち」なんてキャッチコピーを付けられていましたね。
こちらの映画は
誰一人死なない(ここがポイント)
平和な内容でした

火星で孤軍奮闘するマット・デイモンにキュンキュンする映画でした。

-------------------------------------------------------

今期は
「SCOOP!」「真田十勇士」(上映中)
「スター・トレック BEYOND」(2016年10月21日より)
もまだ観ていないので、この秋は映画三昧になりそうです。



最近の映画館は、ポップコーンはもちろん
グルメ方面も力を入れていて過ごしやすいですしね。

また時間があれば1日映画館入り浸りをしたいと思ってます
(昔まだ学生の時に一度、朝一番からレイトショーまで見尽くして、1日で4本観たことがあります。
上手くスケジュールを組めば1日5本はいけ…ないかなぁ)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「天体」と変換で出そうとすると「転貸」が先に出てきてしまうのが
不動産勤務のあるあるです。
東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
コーポレートサイト: http://msquare.co.jp/
物件情報サイト: http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト



2016.10.03 / Top↑