FC2ブログ
おひさしぶりですいのうえです。
今回も読者ゼロの爆発的人気企画の第3弾、
イノウエ的厳選〇〇ミュージック特集、早速参りましょう。
第3弾となる今回は、JAZZを特集してみます。
なるべく癖がなく、しかも小難しくない感じのものをチョイスしてみますね。

Lee Morgan/candy
candy_.jpg

ラッパはリー・モーガンで、録音当時は若干18歳くらいだったはずですが最高です。
このアルバムを聴くたびに思うのですが、多分前日の晩に飲み過ぎたか何かで
録音当初はやる気がなかったのではないでしょうか。(笑)
それでも演奏中にだんだんと楽しくなり、乗ってきちゃうんでしょうね。
3:27秒あたりからはあからさまに一段ギアが上がった感じになります。
もしかすると、ピアノのトミー・フラナガンの演奏がそうさせたんですかね。
彼がサイドマンとして参加している作品は本当にハズレが無く、この録音でも
コロコロコロコロと本当に良く歌っています。どうしたらこんなにスムーズにフレーズが繋がってゆくのでしょうか。
トミーフラナガンの的確な伴奏に支えられて、風に舞う木の葉が舞うように
独特なリズムで歌うリーモーガンのラッパに胸が熱くなります。

sonny rollins / worktaime
worktimeg.jpg

ソニーロリンズと言えば名盤「サクソフォン コロッサス」が挙がることに異論はありません。
ですが私はこのアルバムをまともに聴けないです。
何故なら切なさに胸が締め付けられ苦しくなるから。(笑)

この人は元がハートフルで抒情的なサックス奏者なので、
サクソフォンコロッサスのようにハートフルで抒情的な曲ばかりがピックアップされたアルバムは
相性が良すぎてちょっと聞き辛いです。
反対に worktime だと選曲と面子がハードボイルドなので丁度良いと感じます。

アルバム全体を通してのこの疾走感はすさまじい。
サックスに羽がついていたら飛んで行っちゃいそうです。


charlie parker / jazz at massey hall
massey hall

1953年の録音で音質がとても悪いですが良く聞いてました。
面白いのがピアニスト、バド・パウエルで、
「ガッ ・ガッ ・ダーーン」 といったニュアンスの、重くベタ塗り塗りつぶしみたいな伴奏が全編にわたり聞けます。
近代ジャズの手法が完成される前の演奏で、火山が噴火する前触れのようなエネルギーに満ちてますね。
チャーリーパーカー(アルトサックス)の歌心溢れた名盤です。

relaxin / miles davis
relaxin_.jpg

先ほどのチャーリーパーカーとは正反対、
洗練されたピアノ伴奏の完成形がここにあります。
説明するにはピアニストのレッド・ガーランドについて触れておく必要がありますが、
彼は元々プロボクサーという異色の経歴を持っています。
もう伴奏が最高。「 コッ・ ンコッ・ カーンッ 」ていう、プロボクサーのジャブさながら、
閃光のようなキレが良く伴奏を聞かせてくれます。
ベーシストであるポールチェンバースのブリブリとした
プリミティブなベースラインとの相性もgod。
そしてマイルスのトランペットが良い。
特に高音を吹くときのニュアンス。
曲中の最高音(音程)になったときに、音が割れてしまわないように注意深く、
何かを押し殺すように吹くマイルスの音に、
こんな繊細な人いるのだろうかと感じてしまいます。

someday my prince will come / miles davis
saomeday my prince

ジャズメンのディズニー曲は良い作品が多く、これもその一つ。
このアルバムは人選がヘンテコで、
メンバーそれぞれの印象を強いて例えるならばこんな感じになります。

トランペット:反逆のカリスマ
サックス1:ハードボイルドを目指しているハートフルなおじさん
サックス2:魂の救済者/一切の妥協を排除した思想家
ピアノ:能天気ジャマイカン
ドラム:七三分けの中堅銀行員(メガネ付き)
ベース:エンジンのついたゴリラ

全然性質の違ったメンバーをまとめ、各個人の性能をフルに引き出すマイルスのカリスマ性って一体・・・。
特にピアノのウィントン・ケリーが良くって、彼のこの演奏を聴くとジブリ映画の世界観に浸れます。
あと、ジョンコルトレーンもヤバいですね。
ジョンコルトレーンを聴いてみたいんだけど何から聞いていいか分からないという方がいらしたら、
こちらの演奏から聞いてみることをおすすめ致します。


bill evans / interplay
interplay.jpg

ビル・エヴァンスの演奏って、ガッコンガッコン揺さぶってきたり、背後から鋭い音でいきなり
突き刺してきたりと、基本的に超絶にドSな印象を持っておりますが、本アルバムでは
各メンバー同士、純粋に音での会話を楽しんでいるような穏やかさがあります。

ジム・ホール(ギター)の水流のように透明感があるギターサウンドとエヴァンスのピアノが素晴らしいです。
加えて、トランペットのフレディーハバードもハマってます。録音当時彼はまだ駆け出しでしたが、
その若さからか思い切りの良い音が気持ちいです。バラードでも抒情的でいい。
アレンジもかっちりしてますし、非常に聞きやすいアルバムです。

paul chambers / go
go.jpg

マイルスデイビスバンドに在籍したベーシスト、ポールチェンバースのソロアルバムです。
特に、there is no greater love が好きで、アルトサックス奏者、キャノンボールアダレイの
アドリブをよく聞いていました。

【番外編】
josha redman / round again
round again

このアルバムはいつの間に出てたんだろう。
発売が2020年3月になってますね。今すぐ買いに行かなきゃ。
youtubeでたまたま1曲だけアップされていて、これを見つけられたのは本当に幸運でした。
サックスのジュシアレッドマンを始め、ドラムにブライアンブレイド、ベーシストがクリスチャンマクブライド
だって時点でテンションが上がりますが、
ピアニストとしてブラッドメルドーが参加しているのは非常に大きいですね。
彼は2000年代以降を代表する近代ピアニストですが、70~80年前から使い古されているような
ありきたりなブルースのフレーズでも、彼が弾くと、どこか知的で都会的で不良っぽくってカッコよくなります。
これは早く手に入れたいですね。


このような感じでついつい夢中になって書きなぐり状態ですが、
いずれも聞きやすいJAZZインストアルバムだと思います。
気が向いたら是非聞いてみてください。

ではでは。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 物件をお探しの方もお気軽にご相談ください♪
☆  株式会社エムスクエアスィンクス
★ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
☆ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
★ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
☆ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト



2020.03.28 / Top↑
こんにちは、ワタナベです。
桜も開花し、春の陽気が続いておりますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今春はコロナの影響でお花見も自粛となり、
ちょっと寂しいですね。
けれど今が踏ん張り時。
少しでも早く終息するよう、一人一人が出来ることを
根気強くやっていくことが大事だと思いました。

IMG_7059.jpg
近所で見つけた桜🌸


3月2日から実施された一斉休校。
週末外出自粛の要請。
休日に家で退屈にしていたところ、
以前ダイソーで購入していたこちらが
子供の退屈しのぎになりました!

IMG_6996.jpg

黒い用紙に描かれている線を付属の木製ペンでこすると
下から綺麗な色が現れ、アートな作品が完成します。

IMG_6997.jpg

4枚入っていて、それぞれ絵柄が異なります。

IMG_7006.jpg

鮮やかで可愛らしい作品に仕上がりました。
1枚完成するのに、所要時間約2時間。
なぞるだけですので小学校低学年から、
アレンジもできるので大人でも楽しめると思います。
春休みでお留守番中のお子様にいかがでしょうか。

ダイソーを訪れた際は是非探してみてください🎵

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 物件をお探しの方もお気軽にご相談ください♪
☆  株式会社エムスクエアスィンクス
★ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
☆ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
★ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
☆ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2020.03.27 / Top↑
こんにちは。戸澤です。

桜がだいぶ見頃になりましたね🌸
花粉症の私ですが、この時期は桜が咲き誇ってくれるのでとても好きです。

満開になる前に、雨が降ったり強風が吹くと散ってしまうのではないかと心配になります。

今年も徐々にお花見をしているので写真を載せておこうと思います。

2月下旬頃の阿佐ヶ谷神明宮の桜です。
asagayashinmeiguu.jpg
まだまだ空気も冷たかったのですが、徐々に咲き始めていました。

nishishinjuku.jpg
3月初旬、西新宿で見掛けた桜です。
桜の種類はわかりませんでしたが、少し明るめにピンクで綺麗でした。

yamashita1.jpg
こちらは、3月中旬の山下公園の垂れ桜です。
まだ満開ではありませんが、だいぶ咲いて来ていました。

yamashita2.jpg
太陽の光の加減なのか、淡いピンク、明るめのピンク等に見えました。
今月末頃には満開になるのかな?と思っています。

そして最後はこちらです。
Tokyointernationalforum.jpg
数日前に国際フォーラムに飾られていた桜です。
桜の種類はこちらも不明でした。

今年は本当に大変な事が続いていますが、桜を見るととても癒されるので、春を感じて頑張って行きたいと思います🌸


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 物件をお探しの方もお気軽にご相談ください♪
☆  株式会社エムスクエアスィンクス
★ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
☆ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
★ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
☆ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2020.03.24 / Top↑
先週は桜が開花したと思ったら、まさかの雪が降りました⛄
桜も「このまま咲いていいのかしら~」と、さぞかし驚いたことと思います(笑)

そろそろ見頃を迎え、お花見(宴会とかしないほうのです)したいと思う今日このごろ、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。江田です。
宴会が苦手なので、今年のお花見はゆっくり桜を楽しめそうで嬉しいです🌸


さて、今回はかなり前に浅草を訪れたので、その際のことを少し。
浅草へ行くのは久しぶり?でもなかったのですが、なにせ昼間は仲見世も混んでいる💦
が、この日は夕方くらいに行ったので、フラフラとお店を見ながら歩いていました。

すると、ショーウィンドウにパンが並んでいるお店を発見。
パン屋さんかと思ったら、なんと“舟和・仲見世1号店“です!
よく見ると、ちゃんと芋ようかんもあんこだまも売っていました(笑)

いつも本店で芋ようかんを買うのですが、最近ハマっているのが“芋どら焼き”!
なかの餡が芋ようかんなので、芋ようかんとどら焼きを一度に楽しめる
最高の一品です✨✨
仲見世1号店でも売っていたので、迷わず手に取りました。
この日は、芋どらとスイートポテトを購入。
雷門と大提灯がパステルピンク色で描かれた、可愛らしい袋に入れてもらいました。
DSC_1755.jpg

“芋どら”だけではちと寂しので、帰りがけに撮った五重塔と浅草寺を。
DSC_1745.jpg

DSC_1746.jpg
うまく撮れていませんが、少しでも行ったつもりになっていただければと思います(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 物件をお探しの方もお気軽にご相談ください♪
☆  株式会社エムスクエアスィンクス
★ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
☆ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
★ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
☆ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2020.03.21 / Top↑
おひさしぶりですいのうえです。

さて、今回も読者ゼロの爆発的人気企画、
イノウエ的厳選〇〇ミュージック、参りましょうか。
今回は、プリミティブミュージック特集。

夕暮れ時に聞きたい曲とか、パーティーミュージック特集とか
ネタだけはまだまだあるのですが、自分でもなぜプリミティブミュージックを選んだのかは疑問です。
何をもってプリミティブなのか、定義も曖昧ですがそれでもいってみましょう。

santana/santana
sanntana.jpg

デビュー作にしてこの時期のサンタナは良い!
サンタナの鴈(がん)の鳴き声みたいな特徴的なギタートーンもプリミティブなのですが、
この作品の魅力は コンガ です。
コンガコンガコンガコンガコンガ!
ボッコンボッコンまるで親の仇(かたき)であるかの如く叩きまくっております。
特にライブ曲、soul sacrifice!!
真夏の駐車場なんかで演奏したならば、来場者の半数は熱中症で緊急搬送されてしまうのではないでしょうか。
非常に危険なヤツです。


チャールズミンガス/Mingus Ah Um
mingus ah um

このアルバムの収録曲 boogie stop shuffle は聞かないようにしています。
イントロを聴こうものなら意図せずバトルモードのいのうえになってしまうんですね。
さかのぼる事十数年前でしょうか。私は当時から不動産営業に携っており、
気分を上げるために聞いていた時期があるのですが、
まあうまく行きませんでした。 目つきがヤバくなってしまうんでしょうね。
もはやただただ不穏なだけの危ない不動産戦士いのうえに変貌します。
いつか竹やり一本で戦車に突撃しなければならない緊急事態でも来ようものならば真っ先に脳内再生されるであろう曲です。


マディ・ウォーターズ/best of muddy waters
muddy.jpg

「i`m ready 」 直訳すると、整いました とか、準備出来ました になるんでしょうが、
この人がおっしゃると 「かかってきやがれ」 みたいな感じになってしまうのは何故?

私はこのアルバムの2曲目「long distance call 」のギターをコピーしようとして苦戦した思い出があります。
どこに苦戦したのかというと、グルーブはちゃんと出ているのですが、音の出所が異様に変則的で分かり辛い。
まるでフックしか打てないロートルボクサーみたいな恐ろしくポンコツな曲なのですが、
不思議で不思議でたまらなくって。何とかものにしようと、夜中寝るときに大音量で流しっぱなしにしてました。
何日も何日もです。
その結果、ただの廃人が一人誕生したことは言うまでもありません。

deep purple / in rock
in rock

アルバムに収録されている(と言われていた) 「Black night」(※缶コーヒーのTVCmで流れていた曲)が聞きたくって、
少ないお小遣いを握りしめて買いに行きましたよ。
しかし、当時シングルカットされただけの曲だったらしく、オリジナルアルバムに収録されてなかったんですよね。
確か「何とかエディション」 とかには収録されていたのかと。
ショック過ぎて膝から綺麗に崩れ落ちましたね。カックーンって。
その時の様子を額縁に入れて飾ってしまいたいくらい落胆した記憶があります。

それでどうしても聞きたい気持ちが抑えられなくなってきて、
仕方なくベストアルバムとかを購入する訳ですよ。一か月とか待って。
そうしてやっとこさ聴けたんですけど、なんていうか・・・たいしたことない。(※今聴くとめっちゃ良かったです)
ブートレッグとか、ライブだとすごく良いんですよね。
シングルカットされただけあって、妙に音像が引っ込んでる。(スッキリし過ぎている)

in rock はまだ純粋だったイノウエ少年の心を二度へし折った思い出のアルバムです。

そういえば第二期ディープパープルのオープニング曲は highway star と相場が決まっておりますが、
私的にはFire ball だったのではないかと思うんですよね。
初っ端からこの曲だとイアン・ギランが歌えなくって highway star になったんじゃないかと睨んでますが、
誰か詳しい方いらっしゃいますでしょうか。 まあそれはまたの機会に。


Tal Farlow / TAL
tal.jpg

ピアノ・ベース・ギターのドラムレストリオによるJAZZアルバムですね。
一聴するともの凄く聞きやすくって可愛らしいアルバムです・・・・が、
ものの見事に期待が裏切られます。(良い意味で)

その原因はピアニストの エディ・コスタ にあります。
yestardays という何の変哲もないjazz standard 曲が収録されているのですが、
そのピアノ演奏が・・・低音でひたすら ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ、ゴリラのように弾き倒します。
笑顔の思わず子供も泣いてしまいそうですが、その痛快さは他に類をみません。
この人絶対左利き何だろうなと感じます。
それにしても ジャズピアニスト って何でこんなに変人ばかりなのでしょうか。


white strips / white strips
white strips

一応流行には乗っかるようにしてたんです。
その一環で出会ったアルバムなのですが度肝を抜かれました。
ギター&ボーカル と ドラム の姉弟デュオ。
デュオなのに音の厚みが凄まじく、センスも光ってます。
一曲目の jimmy the exploder から大爆発しています。
これが当時2000年丁度ぐらいのアルバムのサウンドなのかと耳を疑いました。


こんな感じですかね。まだまだアルバートコリンズとか、レッドベリーとか、Led Zeppelin Ⅱとか、
ジャンゴラインハルトとか、ボビーティモンズとか沢山いるのですがそれはまた別の機会にでも。

【番外編】

Keziah Jones / Rhythm in love
kizaia_.jpg

このアルバムにもお世話になりました。
アフリカ出身のミュージシャンで、確か親が医者だとか、高学歴だか、インテリ系の人です。
特に kpafuca (クパフカ) って曲が 大好きで、もの凄いプリミティブな曲だと思うのですが、
この人が演奏するとどこかクールサウンドになってしまいます。
なので 【番外編】 にランクインです。

今回もだらだらと備忘録的に書きましたが、いずれも良い曲です。
荒ぶる精神の高揚を押さえられない時には聞いてみるとスカッとするかもしれません。(笑)

次回ですが、ベタにジャズ特集でもやろうかと思います。
イージーで人間味あふれる感じの曲を選んでみますね。

ではでは。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 物件をお探しの方もお気軽にご相談ください♪
☆  株式会社エムスクエアスィンクス
★ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
☆ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
★ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
☆ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2020.03.20 / Top↑